SITE NAVI
賃貸物件の下見で注意したいこと

電車の通過音が聞こえるか確かめる

実家を出て初めて家を借りる若者がいます。
親元を出て独立するということで、希望に満ちて家探しを始めます。
何といっても、家を出れば親に干渉されずに、自由に生活できると考えるようです。
それで、賃貸物件を探すべく不動産屋さんを訪れます。
では、快適な独立生活を楽しむためには、家を見るときに何を確認したら良いのでしょうか。
もちろん、家を借りる際のチェック項目は多岐にわたるわけですが、そのなかでも見落としてはならない項目はいくつかあります。
その一つが、借りようと思っている部屋の周りの騒音の状況です。
騒音、これは契約を済ませて住み始めてから後悔する原因の中でも、大きい部分を占めると言えるでしょう。
家の間取りも気に行って借りたわけです。
家の周辺の買い物環境もそれなりに便利です。
職場や学校までの距離もそんなに遠くはありません。
家賃も相場の範囲内で満足しています。
しかし、騒音が唯一の問題でなおかつ、大きな問題になるということがあるのです。
それで、部屋を見せてもらう際には、部屋の中だけを熱心に見ていてはいけません。
家の周辺に騒音の元となりそうなものがないかを、探す必要があります。
駅から近い物件は人気です。
出勤するにも何をするにも便利ですからそれは分かります。
しかし、駅から近い物件というのは、場合によっては線路から近い物件ということにもなります。
線路から近いということは、電車が通るたびにその音が聞こえるわけです。
それで、内覧の際には、その音がどの程度なのかを聞いて確認する必要があるでしょう。
その部屋を見せてもらっているときに、電車が来ないならばどうしたらよいのでしょうか。
まずは部屋を案内してくれている不動産会社の人に、電車の音はどの程度聞こえるのか聞いてみることが出来るでしょう。
そして、もう一つ別の聞き方としては、この物件に入居している他の方たちからは、電車の音の件で苦情などがきていないですかと聞くことも出来ます。

オススメのサイト

Copyright (C)2016賃貸物件の下見で注意したいこと.All rights reserved.