SITE NAVI
賃貸物件の下見で注意したいこと

自転車が置けるか

生活スタイルはまさに人それぞれです。
ある人は、車を使った生活が当たり前になっているでしょう。
別の人たちは、電車が主な交通手段となっているでしょう。
それで、電車のダイヤが乱れるとすぐに大きな影響を受けます。
また、移動は可能な限り、徒歩でこなしますという方もいらっしゃいます。
以前に、乗り物に乗っていて事故に遭ったとか、自転車で転んだのでもう怖くて乗れないという方もいます。
そして、もう一つ別のパターンとして、全ての移動を自転車に頼るという人たちがいます。
人が驚くような距離でも、涼しい顔で自転車を使って移動するのです。
そういう人たちは、普通の自転車のイメージを覆すようなスピードで移動します。
そして、それに体力づくりの意味もあるので、こよなく自転車生活を愛しています。
そう言う方が賃貸物件を探す際には注意が必要です。
どのような注意でしょうか。
それは、借りようかなと思っている物件がもしかすると、自転車置き場がないかもしれないということです。
自転車置き場がないアパートやマンションなど見たことはないという方もいるかもしれません。
たしかに、敷地が広めにとれる地域の物件であれば、自転車置き場を併設している賃貸物件が一般的でしょう。
しかし、東京の賃貸事情は異なります。
とにかく土地をぎりぎりまで使って建設されているような物件も非常に多いのです。
そうするとどうなるかというと、見込んでいる入居者のニーズに合わせて、無くても何とかなる設備を省いてスペースを確保する必要があります。
そして、場合によっては自転車置き場をおかないという決定になる物件も出てくるということです。
それで、自転車が生活の中でどうしても欠かせないという方は、家を探すときに、自転車が置ける物件限定で探してもらうようにした方が良いでしょう。
どの物件にも普通はついいているだろうと、思っているとその期待はあっさり裏切られることがあります。
特に東京で探すときはそうです。

オススメのサイト

Copyright (C)2017賃貸物件の下見で注意したいこと.All rights reserved.